20130602 あいどるぱぁてぃ vol.001

_MG_3232

鹿児島市東千石町にあるCAPARVO8F・キャパルボホールで開催された『あいどるぱぁてぃ vol.001』へ行ってきました。今回のイベントには九州・四国から計8組のアイドルグループが出演しました。

この日、福岡ではLinQ×東京女子流×流星群少女のライブ『Qushu GIRLS STYLE』が開催されていましたが、今どうしても見逃せないグループ・Chimoがこちらのイベントに参加する予定になっていたということで今回は割と早い段階から鹿児島へ行くと決めていました。

熊本駅で一緒になったユニーニさんと共に新幹線で鹿児島へと向かい、11時前に鹿児島中央駅に到着。路面電車に乗り換えて高見馬場駅で降車後、CAPALVOを目指します。会場となっていた8階へ上がってみると、11時の開場後から前物販が開かれていたために、ホール外にブースが位置していたれいしゅしゅ・Chimo・きみともキャンディの物販にもすでに多くの人が集まっていました。

前物販ではChimo・りこちゃんのところに並びました。フワフワとしたやさしい雰囲気がすごく魅力的なりこちゃんが「天然なんかじゃありません、私は腹黒です!」と笑顔で言っていたのがとても印象的でした。先日のビッツホール『アイドル交流決戦 Vol.7』で2部の終わりにお祝いしたりこちゃん生誕のことなどを話しました。

_MG_3239

個人物販としてではありませんでしたが、れいしゅしゅのブースではまだ持っていなかった「apple marble/Dreamin’girls」のCDも購入しました。指定のメンバー1人からCDにサインが貰えるということで今回はまるちゃんさんにCDへのサインをお願いしたのですが、サインを待っている間、まるちゃんさんが今挑戦している「ジョジョの奇妙な冒険に登場するスタンドを全て覚える」という目標の達成具合について話したりしました。

前日・6月1日に福岡市天神のACB5Fで行われた『Growing Up!! Vol.22』の内容に話が及ぶと「MCの時、メンバーからスタンドクイズを出題してもらって見事全問正解を成し遂げたんですよ!えへへー」と嬉しそうな笑顔で教えてくれたまるちゃんさんが大変可愛らしかったので、さすがまるちゃんさん!残りも頑張ってくださいね!ファイトです!と応援の言葉を贈りました。

「勝手に名前を付けちゃいました!」と言って、えこまるという大変名誉な名前をCDに頂いてしまいましたのでまた近いうちに定期ライブへも足を運びたいなと思います。

_MG_3234

* * * * *

定刻12時よりスタートしたステージは、オープニングをケチャっぷ界隈の皆さんが飾った後、れいしゅしゅ・きみともキャンディ・Niimo・乙女の純情・MINGO!×MINGO!・Chimo・MKM-ZERO・S☆UTHERN CROSSの順に進行しました。

SEが流れる中、れいしゅしゅメンバーが登場すると会場のテンションも上がります。この日のれいしゅしゅは「Growing Up!!」「S.L.S -Sumeer Love Story-」「R.C.C Go!!!」の3曲でした。3曲ということもあって、あっという間に終わってしまった感もありましたが、キレのあるダンスやメンバーそれぞれの可愛らしさは存分に楽しませて頂きました。

れいしゅしゅの後は、きみともキャンディ・Niimo・乙女の純情・MINGO!×MINGO!と続きます。

きみともキャンディを観るのは今回が初めてでしたがすごく楽しい曲ばかりでした。時間の都合上、ライブ終了後すぐに香川へ向けて帰らなければならないということで前物販しかなく、気付いた時にはすでに受付終了してしまっていたのが少し残念です。メンバーの1人・まいちゃんが小学生だったのには驚きました。自己紹介の際の「小学生です」という言葉に、会場から「おぉー!」というどよめきが起こったのも納得です。僕はと言うとそばに立っていた別のメンバー・まおちゃんに抑えきれないsecret emotionを感じていましたので、どよめきには乗り遅れてしまいました。

乙女の純情は受験勉強のために1年間の活動を休止している梨加ちゃんを除く5人のメンバーが登場しました。MCに続いては東京女子流のカバーとして「ヒマワリと星屑」を、ラストには個人的に好きな曲「イチゴのナミダ」も聴けたので良かったです。りなちぇるの笑顔はもちろん今日も輝いていました。

MINGO!×MINGO!は、メンバー全員が裸足でステージに上がっていました。裸足のままパワフルに歌い踊る新曲「HA・DA・SHI」「アキラvsメルナ」では、ステージ前に集まったファンの皆さんの勢いも特に強まっていたように思います。この2曲を聴くのは初めてでしたが、個人的にはローレンのラップパートがすごくカッコ良くて印象に残りました。

MINGO!×MINGO!のステージに続いては、Chimoの登場です。Chimoの出番とあって、それまで一緒に後方からステージを観ていたブラキさんと共に最前柵前まで移動しました。いつものように「We Are C・H・I・M・O Yeah!!(Remix)」ベースのSEと共に、お休みしている2人を除いたメンバー5人が登場し、新曲「音速生徒手帳」からライブがスタートしました。この日のセットリストは、

音速生徒手帳
high maintenance
(自己紹介)
DENGEKI Lover
1009%Chimode

というものでした。音速生徒手帳を歌うということもあってか今回のステージ衣装もセーラー服でした。Chimoのライブレポートでは毎回のように言っているような気もしますが、何度聴いてもDENGEKI Loverのイントロ・サビ手拍子・たっそのラップパート・間奏中のヲタMIX~間奏明けのケチャ、そのすべては本当に素晴らしすぎていて「もうとにかく楽しい!」という気持ちでいっぱいになってしまいます。これまたいつものことですが、ラストの1009%Chimodeでタオルを振り回し終えた頃にはすっかり汗だくになっていました。

Chimoの次は、MKM-ZERO・S☆UTHERN CROSSと続きました。トリ・大トリでもありましたし、MINGO!×MINGO!のあたりから会場のテンションは確実に一段階も二段階も上がっていましたので、MKM-ZEROのヲタさんを中心に鳥肌が立つような盛り上がりとなっていきました。

余談というか、いいなぁと思ったことがありましたのでついでに。このラスト2グループのパフォーマンス中、ステージ前の柵あたりに女の子のお客さんが数人並んで観ていたのですが、その子たちが圧縮ケチャなどで押しやられてしまわないように前方のヲタさんたちが協力しあって壁を作ったり加減をもって沸いている様子が見て取れました。すごく暖かい気持ちになりました。アイドルのイベントに限らず、ライブによっては前方にどんな人がいようが全くお構いなしにぶつかっていくような場面もしばしば見受けられますが、今回のようにみんなで楽しもう盛り上がろうという気持ちが会場に溢れている空間は本当に良いなぁと思います。

* * * * *

終演後は物販となりましたが、17時には終了ということで、MKM-ZEROで1人、S☆UTHERN CROSSで2人、Chimoで3人しか回ることができませんでした。初めて話すメンバーや久しぶりに話すメンバーもいて、時間は短かったですが物販もすごく楽しむことができました。

MKM-ZERO/マリア様

_MG_3237

S☆UTHERN CROSS/しおりん&りかちゃん

_MG_3235

Chimo/りほちゃん

_MG_3241

_MG_3230

Chimo/たっそ&はるか様

_MG_3240

_MG_3247

* * * * *

全撤収後も会場の外でChimoのたっそ・はるか様への生誕メッセージを書かせてもらったり、同じく熊本から来ていたヲタさんと新たに知り合えたりと大満足な1日となりました。最後は鹿児島天文館にあるラーメン屋「我流風(がるふ)」で、ユニーニさん・はなつんさんと一緒にラーメンを食べてから、熊本への帰路に就きました。

『あいどるぱぁてぃ Vol.1』ということで、次回「Vol.2」の開催も心待ちにしていたいと思います。