20130526 アイドル交流決戦 Vol.7

_MG_3208

鹿児島での薩長同盟ライブから一夜明けたこの日は、大分県大分市にあるBitts HALL(ビッツホール)へと向かいました。お目当ては二部構成で開催されるライブイベント『アイドル交流決戦 Vol.7』です。

昨日は鹿児島・S☆UTHERN CROSSと一緒にステージへ上った山口県のご当地アイドル・山口活性学園ですが、この日は大分県のご当地アイドル・Chimo(チャイモ)と共演することになっていました。この2つのグループは以前共演した際、山口活性学園の「山」とChimoの「イモ(芋)」から、「山芋同盟」というフレーズを掲げたのですが、今回もまさに山芋同盟ここにあり!と言わんばかりの盛り上がりとなっていたように思います。

_MG_3201

山口活性学園が大分・ビッツホールに訪れるのは2012年9月30日のアイドル交流決戦 Vol.6以来、2度目のようです。前回は参加していませんので詳しくは分かりませんが花道も使用してのイベントだったようです。(昨日の鹿児島イベントで物販を回った際、山口活性学園のゆいちゃんがとても楽しそうにそう話してくれました)

個人的に「山芋」の2グループを同時に目にするのは4月21日の『ワールドId♡lカップ』以来ですが、ツーマンとして目にするのは今回が初めてでした。(というよりツーマンとしてこの2グループが共演するのは今回が初めてかもしれません)

* * * * *

僕が会場前に到着した時点ではあたりに数人がいるばかりでしたが、定刻通りに開場した後は少しずつお客さんも集まり始め、12時半ちょうどに1部の公演がスタートしました。1部はChimo・山口活性学園の順で進行されました。いつもの登場曲に合わせて、あやかちゃんとモニカちゃん(勉強に専念するためお休み中)を除いた5人のメンバーが登場します。カウントダウンからDENGEKI Loverへと繋がる、個人的にとても好きな流れで始まりました。

1部のChimo・セットリストは次の通りです。

DENGEKI Lover
恋のドキ学説明書
(自己紹介)
なチュ
スター☆オブ☆ワンダー
音速生徒手帳

1部ラストの「音速生徒手帳」はChimoの新曲として今回のライブで初披露されたものです。アレンジや歌詞などは違っているように思いますが、この曲のオリジナルは大分を拠点に活動するバンド「サービス宣言」の同名曲ではないかなと思います。(残念ながらサービス宣言の音速生徒手帳はフル尺で聴いたことがないので細かい違いなどは不明です)

1部はお客さんも30名弱ほどだったというのもあり、後方に回るのは少し淋しい気もしてずっと最前センターに立って観ていました。2曲目の恋のドキ学説明書には間奏明けに「3・2・1 バーン!」という歌詞があり、そこでたっそことののこちゃんが銃を模した右手でお客さんのことを撃ち抜くのですが、センターでずっとたっそを追いながらニコニコ(ニヤニヤ)していたからなのか見事に狙い打たれてしまいました。もっとも、仮にこれがホンモノの銃だったとしても死して本懐を遂げるという意味では何一つ悔いなどないと常々思っていますので、ただただありがとうの気持ちでいっぱいです。

* * * * *

Chimoに続いては、山口活性学園のステージです。1部の衣装は山活公式サイト等でも見ることのできる赤いチェックの衣装でした。思えば3月の『AniPrism(アニプリズム)』も前述の『ワールドId♡lカップ』もそして昨日の鹿児島イベントでも、山活メンバーは背番号の入ったユニフォーム衣装を着ていましたので、チェック衣装を見るのはこれが初めてです。

山口活性学園の1部セットリストは、

星屑のラブレター
(自己紹介)
You are the one!
長州SEVEN
(MC)
RUN!!
プロペラ
夢で逢えたら

というものでした。

山活ヲタの方が山活メンバー名のMIXや「RUN!!」や「長州SEVEN」の間奏中に使う口上などをスケッチブックに書いて掲げて下さっていたのでそれを見ながらMIXや口上を一緒に叫ぶことができました。これは本当に嬉しかったです。次は見なくとも言えるようにちゃんと覚えておきたいなと思います。

* * * * *

山口活性学園のステージが終了した時点でホール内も明るくなりましたので、これで1部は終わりかな?と思いながら一度ホールを出て、素晴らしいライブでしたねと一緒に参加していた方々と話しながら2Fのコインロッカーで荷物を取り出したりしていると、遠くからたっその声がかすかに聞こえて来ます。慌ててそばにあったステージの様子を映すモニターを見てみると確かにChimoのメンバーがステージに出ているではないですか!瞬間、2Fから階段を駆け下り、一気にホールへと戻りました。いやはや、びっくりしました。考えてみれば確かに出演者が全員揃ってのMCや挨拶が終わっていません。たっそたちメンバーにも「なんで帰るの?まだ終わってなーいー!」と軽くなじられながら主演者全員でのMCに耳を傾けました。

全員MCでは、Chimoメンバーから山口活性学園メンバーへ、また山口活性学園メンバーからChimoメンバーへと質問が交わされました。「メンバーの中で自分がかわいいと思っている人」という質問がChimoから山活メンバーに出され、目をつぶり顔を伏せたまま挙手で答えてくださいと指示されると、恐る恐る澪奈ちゃん、もいちゃん、優依ちゃん、Yulyちゃんの4人が手を挙げていました。逆に同じ質問が山活メンバーからChimoに向けてされると、案の定Chimoメンバー全員が「はーい!はいはーい!」と目もつぶることなく即座に挙手していました。りこちゃん1人だけが少し遅れて手を挙げていたのがなんだかとても微笑ましかったです。他にも「ライブ中に思わずびっくりしたこと」や「遠征などの移動中は何をして過ごしてる?」などの質問が飛び交いました。

全員MCと挨拶まで終了し今度こそ1部終了となったあとは物販が用意されたのですが、この日、Bitts HALLと同じく大分市内にあるガレリア竹町ドーム広場という場所で『HIGH TENSION FESTA 2013~九州 SPアイドル編~』と題するイベントが開催されており、そこにS☆UTHERN CROSSやれいしゅしゅ、魁!KAGEKI団が出演することになっていましたので、1部の物販は我慢してこちらへ移動することにしました。

* * * * *

ガレリア広場でのイベントですが、残念ながら魁!KAGEKI団の出演順はイベント開始直後だったようでソロステージとしては見ることができませんでしたが、その後、大分県のご当地アイドル・ぶれいずとともに再び登場し共演している様子を見ることができました。また、れいしゅしゅのステージは特に盛り上がりが凄かったように思います。れいしゅしゅのTシャツを着た方も確かに多かったのですが、他のグループのTシャツを着た方も一緒になってステージへ向かって声を張り上げる様には中々に興奮させられました。「NAVER」の時にまるちゃんさんが披露する回し蹴りも普段よりグッと鋭さを増していたように感じました。

* * * * *

ガレリア竹町ドーム広場でのイベントを16時まで観た後は、再びBitts HALLへと戻りました。ガレリア広場でのイベントから移動してきた方も多く見られ、1部よりも多くの方が集まった2部はさらに盛り上がるものとなりました。

2部ではまず山口活性学園が登場しました。2部のセットリストは、

長州SEVEN
(自己紹介)
プリン
(MC)
星屑のラブレター
夢で逢えたら
RUN!!
プロペラ

というものだったのですが、2部はメンバーもそのセットリストを知らない状態でステージに上がるというサプライズ進行でした。

昨日の薩長同盟ライブでは「長州!(薩摩!)」となっていた長州SEVENでのサビ掛け合いでしたが、今回は大分でのライブということで1部も2部も「長州!(豊後!)」になっていました。2曲目の「プリン」は、スタメンのステージとしてはしばらく歌われなかった曲(近頃ではどちらかと言うとサブメンバーが歌い踊ることが多いとのこと)のようで、以前からそのタイトルだけはユニーニさんなどからも伺っていましたので、ああこの曲が!と1人感慨深く感じながら耳を傾けました。またぜひライブで聴けたらなと思います。

MCでは6月26日に発売となる3rdシングルについて紹介されていました。全3曲の収録曲のうち2曲目に入る「ファイヤーワイヤー」はまだ披露されていないようですが、ゆいちゃん曰くこの曲もすごく盛り上がる感じの曲とのことなので披露される日が本当に楽しみです。

* * * * *

山口活性学園のステージに続いては、Chimoの登場です。2部のセットリストは新曲から始まるものでした。

音速生徒手帳
(自己紹介・MC)
We Are C・H・I・M・O Yeah!!
DENGEKI Lover
チクチクノウタ
1009%Chimode

MCでは、テレビ大分の番組「つだつよし。のダッシュくん。」の企画(子供たちの夢を応援するというのが番組コンセプトのようです)の一環として、アイドルになりたいと願う5歳の女の子・ここあちゃんが登場しました。パークプレイス大分でChimoのステージを観てアイドルになりたいと思った(Chimoブログより)ようで、今回はChimoのメンバーと一緒に1週間練習してステージに上がったとのことでした。MC後の「We Are C・H・I・M・O Yeah!!」を一緒に歌っていました。

* * * * *

Chimoのステージが全て終了すると、「山芋のー?(やまー!)」という呼び出しと共に山口活性学園のメンバーもステージに登場して全員でのMCが行われました。山口活性学園は澪奈ちゃんが、Chimoはたっそがそれぞれ感想の言葉を述べていました。澪奈ちゃんが「ぶち楽しかったです」と山口の方言を交えながら話していたのが印象的でした。澪奈ちゃんはまだ中学1年生、その素晴らしさには目眩すら覚えます。

* * * * *

2部が一旦終了したあとは、5月3日が誕生日だったChimo・りこちゃんの生誕お祝いがありました。合図と共に折られた青のサイリウムが客席いっぱいに揺れる中、ファンからのメッセージと花束が手渡されます。りこちゃんからのありがとうの言葉、そして「もっと。もっと輝く人になりたいです」と、ゆっくりと言葉を選びながら話す様子からはりこちゃんの優しい気持ちや性格が感じられて、僕も思わず涙してしまいました。改めて、りこちゃん、お誕生日おめでとうございます!

* * * * *

すべてのステージが終了したあとは、物販が行われました。1部の物販には参加しませんでしたので個人的にはこれが今回初めての物販です。

山活物販では、優依ちゃんと「山口ポーズ」でチェキを撮りました。時間がなくてサイン列には並べませんでしたが、また山活ライブへ行く際に改めて書いてもらいたいなと思います。また、初めましての物販としてもいちゃんとYulyちゃんの列にも並びました。昨日のダイエー鹿児島店のイベントで撮影させて頂いた写真にサインを貰いました。

_MG_3217

どちらもすごく楽しくてまたぜひ話してみたいなと思いました。次回はまだサイン列に並んで話したことのないメンバーのところへも行ってみたいと思います。

一方のChimo物販ではまず、りほちゃんとお話しました。5月5日の『BUNGOGO!』以来だったので、少しだけ久しぶりですねなどと話しながらブロマイドにサインを貰いました。思わず「やったー!」と言ってしまいたくなるような笑顔が、やっぱりとても可愛かったです。写真も撮影させて貰いました。

_MG_3210

続いてはたっそと、これまた「山口ポーズ」でチェキを撮りました。チェキ撮影後の物販列では「1部も来てくれてありがと!うん、でもね、物販はおらんかったよね。どうせガレリア行ったんやろ?知っとんよ。今日もさ福岡と迷いよったの、ちゃんと知っとんのやけんねー」と言われてしまい、アワアワしてしまいましたが「でも2部もちゃんと来てくれたけんいいよ!」と最後に言ってもらえたのでホッとしました。時間が足りず、購入したブロマイドはそのまま持ち帰りましたが、ドット柄の衣装(Chimoメンバー・モニカちゃんのお母さんお手製!)に身を包んだたっそが大変かわいい写真なのでこれはこれで満足です。

_MG_3215

物販の終わりには写真も撮らせてもらいました。「山口」のご当地アイドル・山口活性学園とのツーマンだったからなのか、それとも僕がどうしようもないKSDDだから膨れたのかは不明のままですが、今回は「ふぐのポーズ」をしてくれました。

_MG_3205

ツインテールもポニーテールも勿論かわいいですが、まっすぐに髪をおろした姿も文句なしのかわいさだと思います。

* * * * *

終演後、ビッツホール入口のビジョンには、Chimoの新曲「音速生徒手帳」のMV(仮ver.)が流れていました。柔らかい雰囲気の中、セーラー服に身を包んだメンバーがとてもかわいい映像となっていましたのでこちらの公開もすごく楽しみです。できることならば、山口活性学園のファーストシングルのように、MVを収録したDVD付きで新曲CDが発売されたらいいなぁと思います。

次にChimoのステージを観られるのは6月2日、鹿児島・キャパルボホールで行われる『あいどるぱぁてぃ vol.001』です。山口活性学園は6月9日の福岡・ビブレホールで行われる『SSGリーグGRANDPRIX 第参回戦』でまた観られる予定となっているのでこちらもすごく楽しみです。